▼トレンドワード《避難準備情報》ときょうの筆録

みなさん おはようございますです。。。

昨夜はぐっすり眠れました~。

しょっちゅう、ネットでは、「避難準備情報」に関連することとかが話題になったりしているという話だそうですね。

それでは、「避難準備情報」に関連する動画をご紹介しておきます。

“避難勧告”どうやって知る?どこに逃げればいい?(14/07/10)

そういうことですかー。

ちなみに・・・

【質問内容】

映画『A2-B-C』急遽上映中止! 福島の甲状腺がん問題に検閲か? 2015/3/23 → 「小児甲状腺がん」問題は、 本来徹底追及すべきなのに、大手メディアもあまり取り上げない。 自民党・政府は、例の「秘密保護法」で今後の真実の情報を隠すこともできる。 ⇒ もしかして、 それほどまでに、子供たちの小児甲状腺がんは、よほど深刻化している? ・・・ ⇒ ◆福島原発事故の前と後で、発症率が300~400倍も増加? ⇒ ◆福島の患者数は、チェルノブイリの50~100倍も多い? ⇒ ◆なぜ、県も政府も「原発事故との因果関係が無い」と断定する? たとえ、比較すべき医学Dataが不足して正確に証明できないとしても、 事実として、明らかに異常なのでは? ⇒ ◆なぜ、隣県でも至急調査を開始しないのか? 栃木/茨城/宮城/群馬だけでなく、千葉/埼玉/東京/神奈川でも発症してくる可能性が高いのでは? ⇒ 県も政府も大嘘つきの悪魔か? ・・・ 『子どもたちの甲状腺問題はタブーなのか?~映画『A2-B-C』急遽上映中止に』2015/3/23 レイバーネット 「福島の子どもたちの被ばく・甲状腺問題を描いたドキュメンタリー映画『A2-B-C』(監督=イアン・トーマス・アッシュ/米国)は、昨年レイバー映画祭2014でも上映され大好評だった。 「福島の現実を知る上で重要な作品」と高い評価を受け、国内外で上映が進んでいる。ところが、イアン監督のブログによれば、日本での配給をしている会社(『A2-B-C』上映委員会)が一方的に配給を取りやめ、まだ2年以上残っている監督との上映契約も破棄し、3月16日以降の上映が中止に追いこまれた。いったい何が起きているのか。 イアン監督は、3月14日付のブログ「検閲?自己検閲?」でこのことを発表した。イアン監督は「私を黙らせようとする企みがあっても、それは、私にますます大きな声を上げさせる結果になるだけのことだ、ということは、確信を持って言うことができます」と結んでいる。」 ・・・ 『【最新】甲状腺癌が多発→福島県の子ども達に今いったい何が?』2015/2/22 ◆福島の子供たちの発症率はチェルノブイリより50~100倍も多い。 1年で発症する100万人あたりの患者数 ・事故から0年:ベラルーシ3人:福島334人 ・事故から1年:ベラルーシ9人:福島401人 ・事故から2年:ベラルーシ6人:福島332人 ◆福島原発事故の前と後で、発症率が300~400倍に増加! 1年で発症する100万人あたりの患者数 ・事故の前=0~1人 ・事故の後=300~400人 ◆ベラルーシでは、小児甲状腺がん患者数が事故の15年後に8000~1万人に達した(ウィキペディア)。しかも、それら悪性腫瘍に比べ、その十数倍?の人たちが、心臓病やあらゆる免疫疾患病で死んだ。 ◆福島原発事故の避難民は、現在「12万人」。 震災関連死者数は、他県に比べ福島県だけは非常に多く「1793人」。異様な事に震災の直接死者数を超えた。 その中で原発関連死者数は「1100人」を超え、今も自殺者が増加中だ。 ・・・ ⇒ 原発を再稼働する正当な理由など1つもない! <本当の原発のコストは最も高い!> ◆発電のコスト(/kWh) ・火力(石炭)=5円(2013年度燃料単価) ・火力(LNG)=13円(2013年度燃料単価) ・火力(石油)=20円(2013年度燃料単価) ・一般水力/地熱/陸上風力=約10円 ・太陽光=27円(2015年買取価格) ・原子力=200円(湖西市長など) 『どう計算しても、原発は高い!』三上元・湖西市長 「合計で200.8円/kWh」 『原発は国家ぐるみの粉飾決算!=吉原・城南信金理事長』2014/4/18 ロイター 『原発「安価」神話のウソ、強弁と楽観で作り上げた虚構、今や経済合理性はゼロ!』 2011/06/21 東洋経済 『原発は安全ではないし、コストも一番高い!』小泉純一郎元首相 <原発ゼロでも、全国で電力があり余っている!> ◆もともと、原発4800万kWのバックアップとして、ほとんど稼働しない石油火力4650万kWと揚水発電2700万kWが準備されていた。 震災後4年経ち、今すでに、それらの多くが再び休止し余っている。 ◆電力需要が大幅減少 2014年10社合成最大電力は、2010年比で14%(原発37基分)減少した。 販売電力量も発受電実績も大幅に減少し続けている。 ◆大幅な電力増強 震災後から2020年頃までに ・先端火力(LNG/石炭):4500万kW(原発51基分) ・再生エネ:5000万kW が建設中! <原発ゼロでも、燃料費が劇的に減少を始めた!> ◆石油火力から先端火力(LNG/石炭)への転換で ・LNG:燃料費もCO₂も1/2に減少する。 ・石炭:燃料費は1/4に減少し、CO₂は同等。 ◆再生エネ:太陽光 最新の環境省の試算では、太陽光の賦課金はちっとも高くなく安い! 今後、数十兆円の燃料費を削減し、大幅なCO₂を削減する。 ◆燃料の輸入価格が急落! 2015年1月、原油価格が5割急落した。 4月から、LNG価格も急落する。 東電だけで、年間約1兆円もの収益改善になる。 ※

【ベストアンサーに選ばれた回答】

(序)2015年3月23日の映画『A2-B-C』急遽上映中止は、【福島の甲状腺癌問題に検閲】している事は明々白々であります。 (1) 正に日本国憲法第21条【検閲の禁止】に違反する憲法違反行為で在り、安倍晋三自公北朝鮮カルト連立偽政権と偽政府の仕業と断言出来るのであります。 【日本国憲法第21条 第1項 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 第2項 《検閲は、これをしてはならない。》通信の秘密は、これを侵してはならない。】 (2) 【小児甲状腺癌問題】は、本来徹底追及すべきなのに、内閣官房報償費=官房機密費=毒饅頭を幹部や政治部記者やOBの言論人や大学教授等の大手メディアも殆ど取り上げ無いのであります。 自民党=統一教会&公明党=創価学会&大惨事安倍晋三北朝鮮カルト偽政権と付き従う偽政府は、例の日本国憲法の【最高法規性】に完全違反する【特定秘密秘密保護法擬】で今後の真実の情報を隠す気が満々であります。 【日本国憲法第98条 日本国憲法の【最高法規性】 第1項 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。 第2項 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。】 (3) 斯様に日本国憲法に完全違反する偽法律の【特定秘密保護法擬】により隠蔽する必要が在る程に、子供たちの【小児甲状腺癌】は深刻化していると解さざるを得無いと断言するモノであります。 (4) 【小児甲状腺癌】の福島県での発症率は、チェルノブイリの50倍〜100倍=2015年3月22日とされており、極めて深刻な事態に陥っているのであります。 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n333772 (拙メインID知恵ノート『福島第一原発事故に由来する小児甲状腺癌の異常多発と東日本全域に置ける被曝健康被害等の多発の現実 : 私の私的退避勧告』) (5) 福島県での【小児甲状腺癌】が多発しているが、その発症率がチェルノブイリの50倍~100倍というのは本当と断言出来るのであります。 小児甲状腺癌及び小児甲状腺癌の疑いが117名で、既に87名が手術しているのであります。 原発事故前の従来の【小児甲状腺癌】とは異なり、子供にも発症するし、進行が異常に速く、手術しなければ○んで仕舞うので在り、多くが発見時にはリンパ節や肺に転移して仕舞っているのであります。 正に、チェルノブイリ原子力発電所事故で初めて出現した【小児甲状腺癌】なのであります。 (6) 【小児甲状腺癌】の福島県での発症率は、チェルノブイリの50倍〜100倍=2015年3月22日とされており、極めて深刻な事態に陥っているのであります。 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n333772 (拙メインID知恵ノート『福島第一原発事故に由来する小児甲状腺癌の異常多発と東日本全域に置ける被曝健康被害等の多発の現実 : 私の私的退避勧告』) (7) 手術すれば死ぬ事は無いとは言い張るが、しかし転移した幾つかの別の癌と闘い続け、何度も手術を繰り返す事と成り、30歳代まで生きられる保証は全く無いのであります。 (8) 『【最新】甲状腺癌が多発→福島県の子ども達に今いったい何が?』起きて居るのか、もはや取り返しの着か無い状況と成って来て居る様で、東日本全域での【小児甲状腺癌】の多発は避けられ無いと言わざるを得ないのであります。 小児甲状腺癌の患者数(1年間で100万人あたり) 事故から0年:ベラルーシ3人:福島334人 事故から1年:ベラルーシ9人:福島401人 事故から2年:ベラルーシ6人:福島332人 福島第一原子力発電所事故の前と後で、発症率が300~400倍に増加しており、 1年で発症する100万人あたりの患者数は、事故の前=0~1人に対して、事故の後=300~400人と成っているのであります。 正に、一目瞭然で在り、【石棺処理】したか否かによる違いは明確と痛感するモノであります。 (9) 何故に、都道府県も偽政府も【原発事故との因果関係が無い】と断定するのか訳が判らず、例え、比較すべき詳細な医学Dataが不足して正確に証明出来無いとしても、現象として事実として明らかに異常なのは断言出来るので在り、何故に隣県でも至急調査を開始し無いのか意味不明で、栃木県、茨城県、宮城県、群馬県、だけで無く、高線量汚染とホットスポットが指摘され続けている千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県等々の首都圏を含む東日本全域でも発症して来る可能性が高いのであります。 そして、その事が【福島第一原子力発電所事故と小児甲状腺癌との因果関係】を立証する事と成るから、卑怯者の集まりの鬼畜医師集団の人体実験の責任回避に必死で、私の様な書き込みをするとバカ工作員がストーキング投稿を繰り返しており、極めて遺憾千万であります。 (10)安倍晋三偽政権と一味の支配する偽政府と都道府県県も大嘘つきの悪魔で在り、次期第一次小澤一郎内閣では斯様な福島第一原子力発電所事故に起因する被曝健康被害への対応が求められるのであります。 (11) 2015年3月3日付の中日新聞の報道によると、『福島事故、隣県でも甲状腺検査を 医師団体示唆』しており、発災から4年も経ており、遅きに失した事では在るモノの、実施し無いよりは望ましく是非とも実現して貰いたいと思うのであります。 【ベルリン共同】東京電力福島第1原発事故から4年と成るのを前に、核戦争防止国際医師会議(IPPNWの本部・米マサチューセッツ州)が2015年3月3日に、ドイツの首都ベルリンで記者会見し【子どもの甲状腺検査が福島県に限定されている】と懸念を表明、事故の影響の全体像把握には隣県での検査も必要との考えを示唆しており、当然の要請でこれを拒絶したら日本国に居る医師には良心が無いと思わざるを得ないのであります。 チェルノブイリ原子力発電所事故などの健康被害に詳しいアレックス・ローゼン医師は、福島県が事故後に同県内の全ての子どもを対象に実施した【甲状腺検査】の結果を分析しており、【小児甲状腺癌】と診断が確定した子どもが、これまでに87人に上るとして【予想よりも多い数に驚いている】と述べ、放置し続ける福島県医師会と日本医師会連合会等への不信を露わにしているのであります。 (12) 2015年3月23日にレイバーネットは、『子どもたちの甲状腺問題はタブーなのか?~映画『A2-B-C』急遽上映中止に』しており、【福島の子どもたちの被ばく・甲状腺問題を描いたドキュメンタリー映画『A2-B-C』(監督=イアン・トーマス・アッシュ/米国)】は、昨年のレイバー映画祭2014でも上映され大好評だったのであります。 【福島の現実を知る上で重要な作品】と高い評価を受け、国内外で上映が進んでいたにも拘らず、イアン監督のブログによれば、日本での配給をしている会社(『A2-B-C』上映委員会)が一方的に配給を取り止め、まだ2年以上残っている監督との上映契約も破棄し、2015年3月16日以降の上映が中止に追い込まれており、日本国憲法の全ての条規に反する【特定秘密保護法擬】により隠蔽され様としている事は明々白々であります。 イアン監督は、2015年3月14日付のブログ【検閲?自己検閲?】でこの事を発表した。イアン監督は【私を黙らせようとする企みがあっても、それは、私にますます大きな声を上げさせる結果になるだけのことだ、ということは、確信を持って言うことができます】と結んび、安倍晋三自公北朝鮮カルト偽政権への【宣戦布告】を宣言しているのであります。 (13) Wikipediaによれば、ベラルーシの【小児甲状腺癌】の患者数は、事故15年後には【1万人】近くにまで達しており、事故後3年半時点でそのベラルーシよりも福島県では50倍~100倍も発症率が高いのであります。 しかも、それら悪性腫瘍に比べて、その十数倍の人たちが、心臓病や凡ゆる被曝健康被害で被曝死しているのであります。 で在るから、福島原発事故15年後の日本では、福島や近隣県を含めて【数万人~数十万人】の子供たちが【小児甲状腺癌】を発症する可能性が高いく、他の被曝健康被害の被曝死者も数百万人単位は少なくとも覚悟せねば成ら無い事に間違いは無いと断言出来るのであります。 (14)原発事故は終わって居らず、福島原発事故による避難民は、今現在でも12万人も居り、原発関連死は1,100人を超え、震災関連死者数は、他県に比べ福島県だけは非常に多く1,793人と異様な事に震災の直接死者数を超えおり、今も自殺者が増加中なのであります。 (15) <原発を再稼働する正当な理由など1つもない!>事は、以下の様に明々白々であります。 ① 電力の安定供給は十分であり、原発の発電量(4,800万kW)がゼロの現在、全国で電力はあり余っている震災後フル稼働していた石油火力設備4,650万kWの多くが再び休止して、揚水発電設備2,700万kWの稼働率は3%程度と成っておるのであります。 ② 電力需要が大幅に減少しており、2014年の10社合成最大電力は、2010年比で14%(原発37基分)減少しているのであります。 ③ 電力設備が大幅に増強し、安くて効率の良い先端火力(LNG・石炭)が、震災後から【千数百万kW】(原発十数基分)が新設・稼働開始され、震災後から2020年頃に向けて【4,500万kW」(原発51基分)】以上が建設されるのであります。 また、太陽光を中心に再生エネが震災後から【約1,500万kW】が新設・稼働開始して、震災後〜2020年までに5,000万kW規模が建設されるのであります。 正に、【電力不足詐欺】は、完全否定出来るのであります。 【以下追記】

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

少し前からシーザーサラダとかのことが関心ありです。

それじゃあきょうも気合い入れて力を尽くしましょう・・・!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>