◆旬のキーワード“ジャンボ宝くじ”と本日の書付け

みなさん、こんばんは。

きょうの私のフィーリングは今いちでした・・・。

このごろはネットや、その他でも「ジャンボ宝くじ」にまつわる事が話題になったりしているらしいんですよね、、、

それでは、「ジャンボ宝くじ」に関連する動画をご紹介しておきます。

30s 西田敏行 宝くじ CM 年末ジャンボ宝くじ②

なんということでしょうか。

ちなみに・・・

【質問内容】

年末ジャンボ宝くじを宝くじを10枚買う場合、連番で買う人とバラで買う人がいます。 どちらも枚数は同じですから、当たる確率は同じ。 でも、連番で買えば確実に1割戻ります。 しかも、1等が当たれば前後賞も付きます。 こう考えると、バラで買う意味がないような気がするのですが。 バラで買う利点を教えて欲しいです。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

ジャンボ宝くじは連番もバラも10枚購入すれば必ず末等300円当選します。 私の知恵ノートですがこちらを参考にして頂くと幸いです。 http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n349940 ジャンボ宝くじなど普通の宝くじは10枚購入する時に普通は連番かバラを10枚綴りで販売されております。 今までのジャンボ宝くじの1等は当選確率1/1000万でしたが、今年の年末ジャンボ宝くじは1等の当選確率が1/2000万と当選確率が倍低くなっています。 連番とバラの違いは文字通り『連番』は宝くじの番号が連続する番号の販売方法でバラは下1桁と下5桁が0~9が含まれており後は基準のないバラバラな番号が含まれている販売方法です。 上記に記載されている年末ジャンボ宝くじは1等7億円と前後賞は各1億5千万円に設定され1等前後賞込みで10億円の大台になりました。 因みに11月25日(水)に販売予定の2015年の年末ジャンボ宝くじで考えたらバラと連番の当選確率は1等と前後賞(1億5千万円以上の当選籤)だけ変わってきます。 1等前後賞未満の当選金額なら当選確率はバラであろうが連番であろうが全く一緒です。 しかし1等前後賞だけで換算したらバラで10枚買うときには1億5千万円以上(1等と前賞と後賞)の当選確率の数式は1等の当選確率 1/2000万で 前後賞の当選確率は 2/2000万なので (1/2000万)+(2/2000万)✕10 =30/2000万 =約1/66万=0.00015% なります。 連番で10枚買う時の1億円以上(1等と前賞と後賞)の当選確率は連番10枚に対して1等ないし前後賞が入っている通り数は12通りなので (12/2000万)✕10=12/200万 =約1/17万 =0.0006% になります。 バラ10枚と連番10枚の1億5千万円台越えの当選確率の差を計算したら 30/2000万÷12/2000万 =2.5 なので1等前後賞のどれか1億5千万円以上の当選確率はバラ10枚の方が連番10枚より当選確率が2.5倍高い事になります。 しかし1等前後賞込み10億円の当選確率は連番10枚だと8通りあり 1/2000万×8 =8/2000万 =1/250万=0.00004% 連番10枚購入した時の10億円の当選確率は 1/250万=0.00004% になります。 しかしバラ10枚だと1等前後賞込みの当選金額の10億円の当選確率は0%です。 バラと連番それぞれ利点があり1億5千万円以上を狙うならバラ バラより1億5千万円以上の当選確率は低いですが10億円を狙うなら連番ということになります。 しかし前後賞の無い宝くじは連番でもバラでも当選確率は全く一緒になります。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなくですが、ちょっと前から干しいもとかのことが関心ありです。

ではまたこんど、、、

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>