○検索上位ワード‘ディーンフジオカ’と本日のメモ

みなさん、オハヨウゴザイマス・・・!

ゴホン、早起きは三文の得と言いますが、ほんとでしょうか。

このごろは世間では、「ディーンフジオカ」に関連することとかが話題になったりしているようです。

それでは、「ディーンフジオカ」に関連する動画をご紹介しておきます。

王様のブランチおディーンさん

そういうことですかー。

ちなみに・・・

【質問内容】

漫画「ダメな私に恋してください」のあらすじ、ネタバレ情報を教えてください。 深キョンとディーンフジオカが出演してるドラマ「ダメな私に恋して下さい」を見てかなりはまってるのですが、漫画が原作だった事に最近気付きました。 そこで原作漫画にも興味出てきたんですが、どういったあらすじなのか簡単でいいので教えてほしいです。 やはりテレビとは少し異なるんでしょうか?

【ベストアンサーに選ばれた回答】

ドラマはまだ始まったばかりなので、原作とどこまで異なるのか未知ですが、 マンガのあらすじはだいたいこんな感じです。 ミチコはとにかくダメな女。 何がダメって思うかというと、男に貢ぐというところ。 しかも自分が借金までして。。。 そんなダメ女・ミチコが出会ったのが元上司の黒沢で、 お金のなかったミチコに 「飯 食わせてやる」と男前な一言。 そんなこともあってかミチコは黒沢の店で働くことになりますが黒沢の店で働いてからも男への貢ぎ癖は直らず。 なんと100万円もの借金をすることに。 そしてその借金返済するため夜の店でバイトするミチコ。 しかし、その借金を黒沢がなんと肩代わりすると言い出します。 まさにヒーロー的存在ですが、そこはドエスな黒沢。 「今日からお前は俺の下僕ってわけだな」の一言が。 それからは映画に行ったり、夜景を見に行ったりと黒沢としてはそれほど意識してない風ですが、これまで彼氏のいなかったミチコはどんどん黒沢にハマります。 そして、酔っ払って寝ぼけていた黒沢がミチコにキスするなんてことも。 しかし、黒沢の心には一人の女性がいました。 それは幼馴染の春子 。 実は黒沢はずっと春子のことが好きでした。 その事を知ったミチコは自分が入る余地はないと悟ります。 そんな中、職場の同僚・最上に告白され、付き合うこととなります。 そして、付き合って日も浅いのに「結婚してほしい」とプロポーズされることに。 最上は病に倒れた父親を安心させたかったんです。 もちろんミチコを想う気持ちも本物でした。 けれどミチコは過去のトラウマからこれは結婚詐欺じゃないか?と最上を疑ってしまいます。 そして、結局二人は別れることに。 この辺りの細かいやり取りはかなり見どころですが、かなり長くなるので割愛します。原作を読んでチェックしてみて下さい。 一方、黒沢の恋にも終わりの時が訪れます。 実は春子は黒沢のお兄さんの婚約者だったんです。 結婚した二人に笑顔で「おめでとう」と祝福した黒沢。 こうしてまたマスターとバイトという元のサヤ?に収まった黒沢とミチコ。 しかし、そんな二人に転機の時が! それはミチコの誕生日でもあるクリスマスの日 もちろん特別な夜を一緒に過ごす人なんていないミチコは、黒沢の喫茶店のクリスマスパーティーに参加。 そのパーティーの後、黒沢から思いもかけぬ一言が。 「なんか欲しいものあるか?」 それに対してミチコはまさかの回答。 「じゃあ、主任。私と結婚して下さい」 まさかの急展開に驚きを隠せませんよね(笑)。 果たして黒沢の返事は。。。 「嫌です」 「お前とは絶対にしない」とまで言われる有様。 さすがドエス黒沢です。 ミチコは幸せを掴むため、見合いをするもうまくいきません。 そんな中、喫茶店の経営者である黒沢のおばあちゃんが倒れてしまいます。 店を他の人に譲ることを決めたおばあちゃん。 体調の悪いおばあちゃんにこれ以上負担をかけることができない黒沢は店を閉めることを決意。 そして喫茶店は閉店となり、ミチコは黒沢と会うきっかけがなくなってしまいました。 と、こんな感じでしょうか? あと確か、1/22までコミックシーモアで1巻無料で読めたはずです! 現在漫画は7巻まで出てるんですが、2巻目以降も読みたい場合はこの方法【http://5nrd.net/ahv6】使えば、お金使わなくても「ダメな私に恋してください 」を全部タダで読めるので結構オススメです☆ この方法の良い点は「ダメな私に恋してください 」以外の人気漫画にも利用できるところで、私みたいにお財布事情が寂しい人には使い勝手いいですよ! スマホの事にあまり詳しくない私でもこの方法で15000~20000円分くらいはお金使わずに漫画GETできてます(^O^)

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

何やら以前から親子丼のことが興味があります。

それじゃあ、きょうも気合い入れて生きぬきましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>