▲検索上位ワード“台湾南部地震”ときょうの筆録

皆々様、今晩は。

今日のわたしのテンションはまずまずでした~。

まあまあ、ウェブ上の日記などでは「台湾南部地震」に関連することとかが注目されているらしいんですよね。

それでは、「台湾南部地震」に関連する動画をご紹介しておきます。

【地震直後】2016/2/6 台湾でM6.4の地震発生!

なるほどね~。

ちなみに・・・

【質問内容】

謎の隆起現象!?震源から400kmの同心円上で、 大きな地震が頻発している!? ・・・ 栃木県日光市で震度5強 長野県栄村で震度6強 静岡県富士宮市で震度6強 箱根で震度5の地震 新潟 佐渡市で震度5強 栃木北部で震度5強(2013.2.25.) など、隆起したエリアでの地震が頻発している。 ⇒ ◆柏崎刈羽原発は、まさにこのエリアの上にある。 ◆東通原発や大間原発や六ヶ所村も、まさにこのエリアの上にある。 ◆泊原発、志賀原発、浜岡原発も、このエリアの近くにある。 ◆東日本全体が、東へ引っ張られることで、今までは起きないとされた正断層地震が起き、今までの地震の知見も常識も180度くつがえってしまった。もはや何が起きても不思議ではない。 ◆東へ引っ張られているうえに下からマグマが押し上げている、日本海の海底活断層群が動けば、日本海で巨大地震と巨大津波が発生する。日本海の海底活断層の調査はまだほとんど行なわれていない。 ◆東日本と西日本を大きく分けるフォッサマグナ火山帯のエリアで地震が頻発している。 ◆世界では、東日本大震災のようなM9の地震の起こった地域では、必ずその後まもなく巨大噴火が起きている。 ◆箱根の火山活動、富士5湖の異常水位、、、 ⇒ 早く原発を廃止しないと、日本が滅んでしまうかもしれない! ・・・ 『MEGAQUAKEⅢ 巨大地震 第1回 次の直下地震はどこか ~知られざる活断層の真実~』 2013.4. NHKスペシャル 「2011年4月にいわき市で起こった地震は活断層性地震。いわき市の直下、内陸の直下地震。全長13km。地表に2本の活断層が現れる。地下10km位のところに震源断層という原因がある。岩盤が割れる。 海側のプレートが押し、陸のプレートが割れる。いわき市の地震はひずみが解消された後。東に地面が引っ張られる。これにより活断層が生じる。 震源から一定の距離のある地域(関東甲信越や北海道など。半径、400km前後の同心円状に広がる。)が隆起している。この地域で大きな地震が起きている。 サンアンドレアス断層南部。過去300年地震が起こっていない。今後起こるのでは? 龍門山断層。長さ250kmのプレートが一度に動く。200年の四川大地震の原因。 車籠埔断層。1999年の台湾大地震で高さ10mの活断層が地表に現れる。この断層の近くで2013年にも地震発生。別の活断層が動いたと考えられている。 立川断層帯。地盤がわずかに隆起している。国の想定ではM7.3。震度7。厚い堆積層に覆われた隠れた断層帯。 クライストチャーチ付近は活断層が発見されていなかった。厚さ1kmの堆積層に埋もれていた。同じ平野の40kmはなれたところで半年前に大地震。断層が隠れていることが分かった。クライストチャーチの下にもあるかもしれないと考えることもできた。 関東平野の堆積層は柔らかい。厚いとゆれが増幅されやすい。 南海トラフにひずみがたまっている。大阪の上町断層帯での調査。上空からレーザーを当てて地形の詳細を知る。新たに湾岸のエリアに延びる活断層の可能性がある地形が見つかる。地面に与えた振動が戻ってくる時間を調べ地下の様子を探る。深いところで地下15km、南北40km。地表に向かうところで枝分かれ。 水が地震を誘発する。地下深くの岩盤に含まれる水。水が震源断層を動きやすくしていたのでは?」 『日本列島を東西に分けているフォッサマグナ上の地盤が5センチも隆起している!』 2013-03-13 「東日本大震災をきっかけに、東北地方を中心に地盤の変動が続いており、地盤が隆起している場所がある事が3月11日、国土地理院より発表されました。 地盤の隆起が見つかったのは、震源から約400キロの付近の、関東西部と甲信越、青森県北部と北海道南部です。 ちょうど震源地から円を描くように隆起しています。 国土地理院は、隆起が見つかった付近では、地震の直後地盤が東へ引き延ばされたあと、ゆっくりと隆起していて、この2年間で最大5センチに上っていると解析しています。 隆起のメカニズムについては、地下深くにある比較的柔らかい岩石が巨大地震で引き延ばされて密度が下がったため、それを補うように岩石が下から入り込んで隆起するのだそうです。 国土地理院では、これほど広範囲にわたる隆起は過去に観測された例のない規模だとして、さらに隆起が続くと、地表にある活断層がずれて地震が起きやすくなると警戒しています。」 ※

【ベストアンサーに選ばれた回答】

いつ巨大地震が起きるか教えてくれと言う回答がありますが、2013年8月に首都直下型巨大地震、富士山他の火山の大噴火、東南海四連動型巨大地震が起きるか、若狭湾への砲撃ないしはテロなどが起きうる、と言う事を「狼元美少年」が答えておきましょう。 そうなれば、日本の原子力施設が尽く重大過酷事故を起こし、日本国は廃墟と化す事に成り得るのであります。根拠の無い冗談では無く、原発の存在しない過去にはこう言う首都直下型や東南海連動型巨大地震が富士山等の大噴火を誘発しております。 http://wrs.search.yahoo.co.jp/FOR=mPyL891V3igs0FP8xKgMiRfyIzdt1GewexcOau4y.sTbtZ9BpO.AhxNwX2D6J5XXIHNWm0EUBCsZY_9_aW3C4bRiKRKIryG0XNvnoM27dftF9x6AkoCbwVRYZfidKueGvPwoz34YNxthphk1PAvkKa9maGtUFMsu690ZSppGNaDlg4csk5NHoLZ94wtOKkdw40P3UofvZSwEyVsGThoL2Mml4721qGbiBanV9me5.hOPeIM-/_ylt=A3xTxkEjPoFRcRYBCFlFVfx7;_ylu=X3oDMTEydGtpc242BHBvcwMyBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGUEdnRpZANqcDAwMTA-/SIG=11suro7qt/EXP=1367525347/**http%3A//blog.jisinbousai.net/%3Fcid=30560 東日本大震災の震源地から400kmの同心円内に置ける【謎の隆起現象】があり、そのエリアでの震度6前後の大規模地震が頻発しており、柏崎刈羽、東通、大間、六ヶ所村、泊、志賀、浜岡等の原子力施設が、そのエリア内もしくは近隣に存在しております。 東日本大震災により東日本全体が東に引っ張られる事により、今までの地震の知見や常識では起き得無いとされて来た正断層地震が起きても不思議ではない事へ覆っております。また、それに加えて下からマグマが押し上げている事で、今まで調査の殆ど行われていなかった日本海の海底断層群が動けば、巨大地震・津波が起き得るのであります。 東西日本を分けるフォッサマグナ火山帯のエリアでは地震が頻発しており、箱根の火山活動や富士五湖の異常水位は、巨大火山の巨大噴火を予告しておるようであります。 アメリカのサンアンドレスアス断層のある西海岸、中国内陸部、ニュージーランド、オーストラリアには原発は存在しておらず、被害は原子力災害はあり得ず地震のみであります。それに対して日本国は、活断層が密集した巨大地震多発地帯に原発が存在するのであり、重大な原子力災害を必然的に起こす様に原子力施設が林立しております。 南海トラフに歪が溜まり、これが例えば淡路島の知られざる活断層=【未知の活断層】→阪神淡路大震災の震源地→神戸や大阪→京都→若狭湾へと幾本も繋がっており、南海トラフが動く場合には此れ等が全て連動して、活断層の密集する若狭湾周域の全ての原子力施設がオールアウトと言う事さえあり、日本国は壊滅すると考えております。なお、この様な【未知の活断層】は、その発見はほぼ不可能であり、日本全土に存在すると見てまず間違い無いモノと考えております。 地盤の隆起は関東西部、甲信越、青森県北部、北海道南部で認められ、東日本大震災発災からゆっくりと隆起して2年間で5cm程度の観測史上例のないモノであります。これが更に続くと、地表にある活断層がずれて地震が起こりやすくなるのは必然であります。 この様に、日本国は活断層密集地帯であると共に、火山活動が活発化して来ており、過去にない広範囲の隆起現象が起きており、冒頭に言った様に下手をすれば首都直下型巨大地震、東南海連動型巨大地震、富士山等の巨大火山の巨大噴火が同時的に起きて、全54基の原子力施設が壊滅的被害を受けて、早ければ今年の8月に冗談では済まされないような事に成ります。従って、全ての原子力施設を一刻でも早く廃止し使用済み核燃料の乾式キャスクへの移動を行うこと以外に、日本国を救う道は無いモノと断言するモノであります。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

どういうわけか、最近になってからなんですが、ゆで卵などについて興味があるんですよね・・・。

それではまた明日書きますね…。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>