□旬のキーワード‘入梅’と本日のおぼえがき

どうもー、コンバンハ。

今日のわたしの精神状態はまあまあでした。。。

けっこうニュースサイトや、それ以外でも「入梅」についてが話されているということらしいんですよね。

それでは、「入梅」に関連する動画をご紹介しておきます。

【中視新聞】 明”入梅”! 最強梅雨鋒面報到 強降雨恐釀災 20150519

・・・どうりで。

ちなみに・・・

【質問内容】

このうわさって本当でしょうか。 一生に一度飲むだけで脳卒中で絶対に倒れない法、といういかにも怪しげな健康法がここ数年ひそかに広がっている。 貴重な資料です。 紹介いたしますので是非実験して見て下さい。 鹿児島県国分市の養護老人ホーム愛昌園で体験しているということ で、国分市及び隼人方面で大変評判になっているそうです。 数千人の人が試され、そのことごとくの人が健在であるという実験済みだそうです。 「貯卒中で絶対倒れない飲物の作り方′(一人分)」 1、鶏 卵 一個 (白身だけ) 2、フキの葉の汁 小さじ三杯 (ふきの葉の生を3~4枚きざんで すりつぶしそれをこした汁) ツワブキはだめです。京ブキがよい。 3 清酒 小さじ三杯(焼酎はだめ) 4、梅漬け 一個をすりつぶす。(干した梅干しはだめ) 梅づけにして軟かくなっにもの。 青梅(日に当てない塩漬け) ※ 厳重注意.製法は必す審号順に入れること。できるだけ 一品を入れる毎によくかきまぜること。 梅の塩づけのころ 入梅6月ころには蕗も手に入ります。 この飲み物は一生に一度だけでよいのです。 (何度飲まれてもよいのですが)是非早急にお試し下さい。 この資料は九州福岡市の小学校長会で配布されたものです。 あまりお金のかからない脳卒中予防薬です。 近所の方々に教えてあげて下さい。 このうわさって本でしょうか。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

脳卒中の原因は、塩分と悪玉コレステロールの摂取過剰とはっきりしています。 それとタバコとアルコールです。 タバコは血管を縮めて詰まりやすくします。アルコールはそれ自体は血管を拡張しまて血流をよくします。飲み過ぎると脳神経の破壊と肝臓への負担がかかります。脳卒中に関してはツマミや締めのラーメンなどで塩分を取り過ぎます。 タバコと酒両方やる人は脳卒中の危険性は大です。 塩分の摂取過剰によって高血圧になり、脳卒中の危険性が高まります。 また、コレステロールの摂取過剰に関しては、洋菓子が原因です。洋菓子は卵の黄身しか使っていないものが多くあります。白身には黄身のコレステロールを排出する成分があります。黄身と白身両方を食べていればコレステロール摂取過剰にはなりませんが、黄身しか使わない洋菓子ばかり食べているとコレステロール過剰摂取になり、特に今は若い女性がそういう状態で血栓が出来ている女性が多いですから、出産で力んだ時に血栓が剥がれて脳卒中になる人が増えています。 脳卒中は、病気ではありません。元々はなかった病気です。人類が塩やコレステロールを大量に含んだ旨い食品という一種の麻薬を手に入れてから発生した生活習慣病です。 塩をいれれば何でも旨くなります。日本食の出汁も塩がなかったら旨味も感じられません。コレステロールの多い食品も旨いです。美味いものばかり食べていると脳卒中になります。芸能人で早死した人はがん以外はそういう理由です。そういうことで日本人は特に塩分の摂取過剰です。 大根などのカリウムを含む食品を摂取することで塩分を排出を促せますが、過剰に摂取していては、それでも排出しきれません。 生活習慣ですから、それを改善しないと防げません。 ですから、一生に一度飲むだけなんて方法はありません。日々の生活習慣を改めないと防げません。 塩分と悪玉コレステロールの摂取抑制と適度な運動習慣をつけることですね。 真夏に熱中症になるからと塩分を多く摂取する方がいますが、取り過ぎると悪影響ですし、濃い味に慣れてしまって薄味に戻すのが大変です。ポカリスエット等のスポーツドリンクで塩分を補充するのが間違いないです。 質問内容のレシピは体には良さそうですが、そういう理由で根本的な解決法ではないです。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなく、何やらこの所たらこなどについて関心を寄せています・・・。

ではいつかお会いするまで、さようなら。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>