◇検索上位ワード「7月18日」ときょうの心おぼえ

みなさん コンバンハです。

本日のわたしのテンションはまあまあでした・・・。

けっこうニュースサイトや、それ以外でも「7月18日」についてが話されているということらしいんですよね。

それでは、「7月18日」に関連する動画をご紹介しておきます。

明日之星7月18日第39集-台語衛冕賽曹雅雯演唱放手

ふむふむ。

ちなみに・・・

【質問内容】

【刑法】懲役一か月の刑に処すと7月18日に宣言されたとします。 その人は何日の何時から何日の何時まで懲役刑を科されますか? 27条の2を適用する場合を念頭に置いています。 ご教示よろしくお願いします。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

刑が確定するのは、判決言い渡しの日から14日後の午前0時です。従って、本件の刑の執行起算日は、7月30日の午前0時からということになります。 そして、ご質問のケースでは刑の一部執行猶予制度の事を言っていると考えられますから、判決の中で服役期間1月の内、後半の何日間につきその刑の執行を何年間か猶予する旨の判決が宣告されていなければならないので、このあたりが質問で抜けている以上、期間計算は出来ません。考え方としては前半の何日間を丸々服役した後釈放され、残る期間に付き更生プログラムを猶予期間中に受講し、なおかつ、警察に捕まるようなことをしなければ、猶予期間満了をもって刑期満了となるものです。 刑法第二十七条の二(刑の一部の執行猶予) 次に掲げる者が三年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受けた場合において、犯情の軽重及び犯人の境遇その他の情状を考慮して、再び犯罪をすることを防ぐために必要であり、かつ、相当であると認められるときは、一年以上五年以下の期間、その刑の一部の執行を猶予することができる。 一 前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 二 前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その刑の全部の執行を猶予された者 三 前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せられたことがない者 2 前項の規定によりその一部の執行を猶予された刑については、そのうち執行が猶予されなかった部分の期間を執行し、当該部分の期間の執行を終わった日又はその執行を受けることがなくなった日から、その猶予の期間を起算する。 3 前項の規定にかかわらず、その刑のうち執行が猶予されなかった部分の期間の執行を終わり、又はその執行を受けることがなくなった時において他に執行すべき懲役又は禁錮があるときは、第一項の規定による猶予の期間は、その執行すべき懲役若しくは禁錮の執行を終わった日又はその執行を受けることがなくなった日から起算する。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなくですが、ちょっと前からお味噌汁とかのことが関心ありです。

ではまたこんど、、、

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>