□注目キーワード「60ハウス」と今日の留書き

どうもオハヨウゴザイマス。

あのですね、朝食をちょっと食べ過ぎたかも?

割とネットでは「60ハウス」の事とかについて話題にされているみたいですね。

それでは、「60ハウス」に関連する動画をご紹介しておきます。

ザ・パークハウス 西新宿タワー60 の建設状況(2016年8月21日)

なるほどね~。

ちなみに・・・

【質問内容】

一般家庭に物を販売して、配送を委託して届けてもらっている会社です。 業者が家屋事故を起こし、出向いて謝罪をし、損傷を全回復することとしました。階段を直さねばならない状況だった為、どうしてもご家族が外泊をせねばならず、一泊分の費用も負担しました。 しかし後日、ハウスメーカーと納得の上で修理したはずだったにも関わらず、直り方が不満だと訴えられ、更に高額な請求と、かつ、一週間かかる工事の為、宿泊費も負担しろとお話がありました。現状回復が基本ですから、了解したところ、後日先方より、『実際には工事など現実的ではない、示談にして欲しい』という連絡がありました。そこで、修理しないのであれば実際にかかるべき金額分しかお支払いできない(宿泊費はかかっていない為)旨をお伝えしたところ、 『こちらの異に反して家を傷つけられ、中古住宅にされたのだから、精神を痛め付けられた。宿泊費だって支払われてしかるべきだ。慰謝料含めて100万を払え』 と言い出しました。二度目の修理見積りは60万程だった為、40万の乖離があります。 ここで質問なのですが、これを払う義務はありますか?物損事故に対して随分な金額と感じてはいます。初回に示談書を用意しない不手際はあったとは思いますが、ほとんど脅迫に近いのでは?とさえ思います。法務部の無い会社で対応に苦慮しています。よろしくお願い致します。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

そもそも住んだ時点で中古住宅だし、実際の損害を越えた法外な金品の要求に応じる必要はない。 まともに話し合うだけ無駄だから、弁護士に以後の対応を依頼すべき

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なんとなく、どうにもちょっと前からお饅頭などについて関心を寄せています・・・。

それじゃ本日も気合い入れて生きぬきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>