▲旬のワード“PowerShot”ときょうの留書き

どうも こんばんは。

きょうも一日 お疲れさまでございます。

けっこう盛んにインターネットでは「PowerShot」にまつわる事が話題になっているという話ですね…。

それでは、「PowerShot」に関連する動画をご紹介しておきます。

Компактный фотоаппарат Canon PowerShot SX500 IS

そうかー。

ちなみに・・・

【質問内容】

高倍率コンデジで花形フード付きのもの 10年くらい前までは値段設定が高めの高倍率コンデジにも 花形のフードが有りましたが、最近はあまり目にしません FUJIFILMの外観、サイズとも一眼レフと見分けがつかないような ハイエンドなデジカメには付属しているのもありますが、 Finepix S5000やPowerShot Pro1くらいのサイズで 花形フード(もしくは普通のフード)付属のデジカメって今はもう 無いのでしょうか? もし御座いましたら教えて下さいませんか コンデジのカテでも同じ質問を投稿しておりますが こちらのカテの方々もお詳しいのではと思い 質問させて頂きました 宜しくお願い致します

【ベストアンサーに選ばれた回答】

必要と判断されれば付属するでしょうが、基本的にレンズフードは単焦点レンズでしか効果を発揮しません。 撮影に関係ない光をカットして、不要な乱反射を防ぐのがフードの目的であり、写野の範囲に写りこんではいけないという制約があって長さや形状が決まるものです。広角レンズでは花型がすぐれており、逆に望遠レンズでは花型にする意味がないので筒型になります。 特に花型は焦点距離やレンズ構成(鏡筒先端からひとみ位置までの距離)で個別に形状が決まるので、汎用花形フードは存在しません。(たまたま似たようなスペックのレンズで同じ花型フードが共通で利用できる場合がある、という程度) 当然、画角が変動するズームレンズでは「写野の範囲に写りこんではいけないという制約」がある関係で広角端しか意味をなさないので、広角端以外では役立たずの邪魔なだけの存在になります。ズーム倍率が上がるほど、フードの存在価値が薄まります。 特にコンパクト機(一眼レフより小型であることを売りにしているもの)ではコンパクトであることが優先されるので、フード自体を略してしまうことさえあります。 どうしてもフードが必要であれば、効率は悪いですが、焦点域に応じて市販の汎用フードを数種類買って、焦点距離ごとに使い分けるしかありません。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

なにやら最近になってからなんですが、肉じゃがのことが興味深いです。

それではこんど会いましょう。。。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>