◆旬のキーワード「読むのをやめた漫画」と本日のログ

皆さん おはようございます!

えー、昨日はあまり寝られませんでした。

けっこう盛んにインターネットでは「読むのをやめた漫画」にまつわる事が話題になっているという話ですね…。

それでは、「読むのをやめた漫画」に関連する動画をご紹介しておきます。

途中で読むのをやめた漫画ランキング

そういうことですかー。

ちなみに・・・

【質問内容】

詩を書いてみました! 書いてる途中でネタ切れ起こして支離滅裂になりましたが、感想をお願いします(>_<) 小さい頃に 図書館で読んだ物語 ”海に沈んだ 大人たち” 確かこんな題名 だった気がした この話は絵本で 名前の通り 海に沈んで 王国を探した 子供たちの 冒険記だったと思ってた 私は突如 それを思い出して それを読んだ 図書館へ向かった 児童書コーナーには 私の腹と胸の中間に沈む 女の子 胸まで到達して 息のできる男の子 同じ顔の男女が2人 仲良く読んでいた 私はその中身が気になって 2人を後ろから見て 注視した ”ねえ一松” ”なあに、トト子” 2人の高い声は 私の記憶の中の 深海の中にある アーカイブから 取り出され 似た子がいたことを 思い出させた ”男の子の声は誰かで、女の子のは 私のものだった” さてさて2人が 消えてから 私は彼らの読んだ本を 見てみたのだ タイトルは ”聖ルウィンの子供たち” その話はというと ”聖ルウィン”は双子や三つ子 もっと多い多胎児たちを 海沿いで遊ぶ 彼らを笛で呼んでは さらって 自分が王として 君臨する世界に 閉じ込めるのだった そこは地獄で 新しい名前をつけられ 双子 あるいは多胎児たちは 絶対服従を 強いられて 逃亡を望む でもそういう意思を 持つ子供を 王は放っておかず 身体も心も 傷つけて 自分のものにする 私も小さい頃 確かに似た内容の 本を読んだことがあった だが残念ながら タイトルが違う 聖ルウィンは 自分だけの王国を 築いたあとは 何処かへ 消えたそうな 子供たちに 傷とその証を残して 私が読んだのは その後の王国の 物語だった気がする 荒廃しきって 全く血のつながりのない(又はある) 彼らは子供を作り 王が残した黄金と 薬草 肉牛 野菜で 生きていた そこにたどり着いた コロンブス 彼は自分の住む世界と 隔絶された 人間たちを哀れに思って 連れ帰ろうとした だが王国が 故郷となっていた彼らは 元の鞘には収まらず とどまり続けた そしてコロンブスの住む 月の国は 彼らと貿易し始め 研究を始めた そこから得られる情報は とってもとっても 大きくて 研究材料として 使っていた だがその事を知った 王国の首長は 月の国を拒み 月の国の女王は コロンブスと コンキスタドールを 操って 王国を攻めた そして 王国の人間達は みんな死んだ 妙に怖くて 懐かしい物語 私はゾッと寒気がして 家路に着いた 温かい部屋の中 私は何となく 何となく 考えてみた ”一松とトト子は どこへ行ったのか?” あの場所には親がおらず 2人は本を読み終えて 大声で叫んでいた ”ママ〜!パパ〜!” 失い始めた意識の中 スマホをいじる 小さな画面のニュースには 小さい文字で 書いてあった ”東京 双子の兄妹行方不明” まさかと思って詳細をみる 詳しく読むと 一松とトト子の双子が 行方不明になっている そうだ 初めてその名を聞いた時 私は赤塚不二夫の漫画を 思い出した 六つ子の中の 真面目な男子 彼が好きな 魚屋マドンナ どうして2人の名を?親はつけた? そう思いながら 本の順番を 待っていたのでした また 双子にしては顔が似てなくて 女の子の背は低かった ただよく考えれば 女の子は ターナー症候群だったのでしょう むかしのコナンで得た知識 まさかここで 役立つなんて それで合点がいった しかし私は 警察の情報提供を求む 声を無視して 呑気に過ごしてた それから6日後 ある男が逮捕された 男は自分を”聖ルウィン”と名乗り 絵本のように 多胎児や双子を さらっては 自分のものに してたようで いう事を聞かない子は 殺されて 刻まれて 家の下に埋められてたそう 一松とトト子も 同じだったという 私は警察に 何も言わなかった事を 後悔し 自分の世界にいつまでも とどまる事をやめた いつだって戻れる いつでもいられる その代わり あの二卵性の双子が 私の腕を引っ張って 引き止めようとするけれど それが怖くて自分の世界には 行けないまま この昔話を 書いている

【ベストアンサーに選ばれた回答】

詩人は 時に旅人の如く 多くの地を詠う 紅の朝に 涙を流す日もあった 自然の前に 自分の無力を 実感した日もあった しかし詩人は 断じて歩みを止めない 一切は続けることだ 決してあきらめてはならない ただそれが 詩人の大道だからだ

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

そういえば、どうもこの頃マンゴージュースのことが興味があります。

それじゃ、本日もしっかり奮闘しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>