▲トレンドキーワード[Russell Westbrook]ときょうのメモ

どうもグッドモーニング。。。

えー、変な夢を見ました。。。

ほどほどに、ブログなどでは、「Russell Westbrook」のことが注目されているということらしいです。

へー・・・。

ちなみに・・・

【質問内容】

心理学英文の日本語訳。 こんにちは。以下の英文の日本語訳をお願いします。 The facial movements that sometimes accompany an emotion serve to communicate the sender’s emotion, often eliciting emotion in those who receive that communication(Russell, Bachorowski & Fernandez-Dole,2003). Since the publication of Charles Darwin’s 1872 classic, The Expression of Emotion in Man and Animals, psychologists have regarded the communication of emotion as an important function, one that has survival value for the species. Looking frightened may warn others that danger is present, perceiving that someone is angry tells us that he or she may be about to act aggressively, and seeing someone smile will make us feel safe and drawn to them. Other research suggests that, in addition to their communicative function, emotional expressions – in the face, body, and voice – contribute to the subjective experience of emotion, just as appraisals and internal bodily changes do. Facial expressions might at times even jumpstart the whole emotion process. Although most of the research described below centers on facial expression, increasingly researchers are extending this work to examine how bodily postures communicate emotions as well(Gross, Grane & Fredrickson, 2008; Schindler, van Gool, & de Gelder, in press). 上記の英文は自力で日本語訳をしてはいますが不安のある訳となったため、確認としてお願いしております。

【ベストアンサーに選ばれた回答】

顔の表現は、私たちの気持ちを伴う時、その気持ちを他の人に伝え、そのうえで相手の気持ちを激発することができます。その問題についてチャールズ・ダーウィンは「人間と動物における感情表現」という本が著したことがあります。そしてそれにはじめて、気持ちを伝えるその能力が心理学者たちには生物の生存するため大切に考えられることになります。たとえば、恐れている顔を見せたら、周りの危険が仲間に速やかに警告して、怒っている顔は暴力をする可能性が伝え、そして微笑はいつも親しさと安全感が支える力が持っています。しかしその伝えることに限らなくて、他の研究によると、顔と体と声などの表現は、他人からの評価と自分の身体活動と同じく、また自分の気持ち体験が流せます。実はその顔の表現は、自分の気持ち体験を始めることができるかもしれません。後で述べられる研究は顔の表現に集中しているが、体の姿勢の研究を広める努力も増える一方になるのが見えます。 英語を母語としている外国人だから、変な日本語があればご容赦下さい。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

そういえば、どうもこの頃八宝菜とかのことが関心ありです。

それでは、今日も精一杯がんばりましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>