●旬のワード‘Blake Griffin’と今日の覚え書き

皆さん おはよ~です。

うーんと、昨日はあまり寝られませんでした。

まあまあ、ウェブ上の日記などでは「Blake Griffin」に関連することとかが注目されているらしいんですよね。

それでは、「Blake Griffin」に関連する動画をご紹介しておきます。

Blake Griffin top 10 monster dunks

ほうほう。

ちなみに・・・

【質問内容】

お尋ねします。 次のスレッドで、 Arabella had heard about it for years, and had always wanted to come here, and doing so with Blake was the best of all possible world.(『Rogue』p306) *1.と 2.の違いは? 1.Arabella had heard about it for years 2.Arabella had heard about it years before

【ベストアンサーに選ばれた回答】

ポイントは過去完了なのですが、状況をほんのりと醸し出す英文を載せられたので、本当は全部訳出したくなるのを堪えて解説します。 1.Arabella had heard about it for years これは状況に沿った英文ですが、過去完了という事を踏まえると、アラベラは「それ」について数年もの間認識していたとあります。つまり、ずっと耳にして重要な情報だと認識していた、となるのです。そして「ここ」にやってきてブレイクと「それ」をしたかったとあります。「それ」ができたかどうかはこの英文では判断できませんが、ブレイクと「それ」をすれば、救われないこの世の中での救いであることを「ずっと」思い続けていた、というのが1.の過去完了の味わいです。 一方、 2.Arabella had heard about it years before は、「それ」についてすでに数年前「知っていた」となります。知っていたが、そんなことを知っても「ここ」に来てブレイクとそうやっても「もうどうにもならない」と希望を捨ててしまうのが「以前数年前に知っていた」という2.の過去完了になるのです。 なぜ1.が状況文なのかはよくわかります。アラベラはなんとか希望を持ち続けたい、とずっと願っていた健気な女性だということを、この短い英文から掠め取りました。 ご参考になれば幸いです。

引用元

今日の知恵袋には、こんなご相談もありました。

どういうわけか、最近になってからなんですが、コーンスープなどのことが気になるんですよね。。。

それでは、本日もしっかり粉骨砕身しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル大

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>